丹後由良

由良海岸

青く澄みわたる海と白い浜、丹後由良の海岸は、夏は海水浴でにぎわう。
白砂青松の美しい丹後由良海水浴場は、遠浅で、水質もグッドのカラットしたロングビーチです。
また山椒大夫伝説の安寿姫が1日に三荷の塩水を汲みに来たという汐汲浜は、現在の、丹後由良の一番北にあります。大宝元年(701年)3月の大地震までは、由良川の河口は、ここにあったと伝えられています。
また伝説の地だけでなく小説でも三島 由紀夫の金閣寺に、由良の海が重要なポイントとして出てきます。
また白い砂浜と雄大な岩場が丹後由良海水浴場の特徴です。

由良川鉄橋

舞鶴方面から来られると、由良川沿いを走る 国道178号線で、最初に目に着くのが、この鉄橋です。丹後由良のシンボルと言ってもいいでしょう。
大正13年4月に竣工された丹後由良駅から、丹後神崎駅の間の由良川を渡る京都丹後鉄道の由良川鉄橋(全長552m)です。ここを通過すると、由良の海岸です。

安寿と厨子王

国道沿いの石浦地区に安寿の里 もみじ公園があります。 森 鴎外の有名な安寿と厨子王の物語で有名な丹後由良。ストリーは、無実の罪で築紫に流された父を追う途中、人買にだまされて、母は土佐へ、幼い姉弟は、この丹後由良の長者 山椒 太夫に売りとばされてしまうという悲しい物語。
魔の手から逃れようとした厨子王は、京にのぼり、安寿は弟を逃がしたことから、責められて、非業の最期を遂げる。

由良ケ岳

由良ケ岳は、標高640m。
約2時間30分くらいで、頂上へ。
途中さつきの群生や杉林を登り一杯水で休憩してやっと着いた頂上からは、絶景が望めます。 由良ケ岳の雄大さと眼下に広がる見渡すかぎりの日本海を堪能してください。
ちょっときついけど、がんばってね。
2022年は5月3日の朝 由良小学校に集合して由良ケ岳登山があります。 頂上からの景色は最高です。

 

由良みかん

由良 石浦地区では、秋深まる頃、由良特産のみかん狩りが楽しめます。
また国道沿いの上石浦では、由良みかんを直売しています。
みんな買ってね。

ハクレイ酒造

丹後由良で地酒を造っておられるハクレイ酒造さんは、江戸時代から続く京都でも有名な酒蔵です。お酒造りにこだわったハクレイ酒造さんは、地元のお米・由良ケ岳が湧き出るお水そして人を大切にして本物の美味しいお酒を提供してくれます。 地元丹後の方々や地元旅館だけでなくJAL国際線のファーストクラスや海外の高級和食店にも採用され、全国の数々の賞を受賞されておられます。 丹後由良にこられたらぜひお立ち寄りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。